「レオポルド美術館 エゴン・シーレ展」東京都美術館 基本情報・アクセスなど

「レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」は、2023年1月26日から東京都美術館で開催されます。

レオポルド美術館の所蔵作品を中心に、エゴン・シーレの作品が50点、クリムト、ココシュカ、ゲルストルなど同時代作家たちの作品と合わせて約120点が来日します。
ウィーン世紀末美術を展観する大規模展は、東京都美術館開催のみで巡回はありません。

公式サイト >>

 基本情報

展覧会名:レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才
Egon Schiele from the Collection of the Leopold Museum – Young Genius in Vienna 1900

開催期間:2023年1月26日~4月9日

開館時間:9:30~17:30 金曜日は20時まで(入室は閉室の30分前まで)

休室日:月曜日

会場:東京都美術館 企画展示室 京都台東区上野公園8-36

アクセス:JR上野駅 公園口より徒歩7分 東京メトロ・京成電鉄 上野駅より徒歩10分



JR上野駅からのアクセス


JR上野駅「公園口」の改札前の横断歩道を渡ります。

上野駅 公園口


正面の東京文化会館前を右に進みます。

上野公園


公園案内所を右手に見ながら、道なりに進むと右側に国立西洋美術館あります。
そのままひたすら真っすぐ進むと左に上野動物園があり、右に東京都美術館があります。

クリムト展 東京都美術館


コインロッカーはあるの?

100円返却方式のコインロッカーがあるので、手荷物は預けてください。


音声ガイド

音声ガイドナビゲーターは、俳優の神尾楓珠さんです。

収録時間 1台 650円(税込)

エゴン・シーレ展 チケット情報


チケット情報は、わかり次第記載します。


エゴン・シーレ展 見どころ作品



エゴン・シーレ「ほおずきの実のある自画像」

エゴン・シーレ「ほおずきの実のある自画像」

1912年 油彩、不透明絵具/板

エゴン・シーレは多くの自画像を残している。
その中でよく知られている「ほおずきの実のある自画像」

自画像は斜に構えたものが多く、何か言いたいことがあるんじゃないの?と聞きたくなる。

「ヴァリーの肖像」と対になってるように思うんだけど、どうだろう?

エゴン・シーレ ヴァリ肖像画
Portrait of Wally Neuzil(ヴァリの肖像画)今回の展覧会にはありません。

危険度MAX変態芸術家の愛憎劇 エゴン・シーレ
映画「死と乙女」の画家、エゴン・シーレ。近親相姦や小児性愛者で逮捕されたこともある変態中に変態。クリムトの弟子で、作品が認められ始めたころ、28歳の若さに亡くなっています。結婚後も長年の恋人に密会を待ちかけるクズっぷり。

 

エゴン・シーレ「装飾的な背景の前に置かれた様式化された花」

エゴン・シーレ「装飾的な背景の前に置かれた様式化された花」

1908年 油彩、金と銀の顔料/カンヴァス

正方形のカンヴァス、背景に金や銀など、師匠であるクリムトの影響が色濃く表れている作品。

エゴン・シーレ「自分を見つめる人II(死と男)」

エゴン・シーレ「自分を見つめる人II(死と男)」

1911年 油彩、カンヴァス

色の付いた前面の男性はシーレ自身、背後の白茶は死後の自分?
シーレは「生と死」を題材にした作品をのこしています。

エゴン・シーレ「モルダウ河畔のクルマウ(小さな街IV)」

エゴン・シーレ「モルダウ河畔のクルマウ(小さな街IV)」

1914年 油彩、黒チョーク/カンヴァス

クルマウ(現チェコのチェスキー・クルムロフ)は、シーレの母親の故郷。

色合いが暗いけど、絵本に出てきそうな家並みですね。

エゴン・シーレ「母と子」

エゴン・シーレ「母と子」

1912年 油彩、板

母親に抱かれているのに、恐怖を感じているような表情のこども。

目を瞑り口を閉じてる母親、大きく見開いた目と開いた口のこどもの対比が不安感を煽ります。

エゴン・シーレ「頭を下げてひざまずく女性」

エゴン・シーレ「頭を下げてひざまずく女性」

1915年 鉛筆、グワッシュ/紙

シーレ作品らしい、身体をくねったようなポーズの女性。
シーレのコレ系の作品、エロティックですごく好きです。

エゴン・シーレ「悲しみの女」

エゴン・シーレ「悲しみの女」

1912年 油彩、板

恋人だったヴァリーをモデルに描いた作品。

涙を浮かべている彼女の背後の横顔は、涙の原因を作ったシーレ?

グスタフ・クリムト「シェーンブルン庭園風景」

グスタフ・クリムト「シェーンブルン庭園風景」

1916年 油彩、カンヴァス

シーレの師匠であるクリムトと作品。

コロマン・モーザー「キンセンカ」

コロマン・モーザー「キンセンカ」

1909年 油彩、カンヴァス

コロマン・モーザーは、クリムトと共にウィーン分離派を創設し、様々なもののデザインをするデザイナーでもあった。

リヒャルト・ゲルストル「半裸の自画像」

リヒャルト・ゲルストル「半裸の自画像」

1902-04年 油彩、カンヴァス

リヒャルト・ゲルストルは、作曲家のアルノルト・シェーンベルクの妻と不倫関係になり駆け落ちをするが、数か月で妻は夫の元へ戻りフラれたことで自殺をしてしまいます。
その時、燃やされた手紙と共に作品も焼失したのではと考えられており、現存する作品は、66点の油絵、8点の素描だけです。

オスカー・ココシュカ「ハーマン・シュヴァルツヴァルト2世」

オスカー・ココシュカ「ハーマン・シュヴァルツヴァルト2世」

1916年 油彩、カンヴァス

オスカー・ココシュカと言えば・・・天才作曲家グスタフ・マーラーの未亡人アルマへの異常な愛で有名?ですね。
執着しまくったココシュカの描いた「アルマ・マーラーの肖像」は、東京国立近代美術館にあります。

エゴン・シーレ展 まとめ

「レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」は、東京開催のみで巡回がないので、東京へ行かなければ見ることができません。

東京に行くのなら、国立新美術館で3月1日から開催される「ルーヴル美術館展 愛を描く」も見たいですね。

美術展覧会
スポンサーリンク
フィフきゅん

コメント