cocoon(コクーン)固定ページの日付を非表示にする方法

cocoon 固定ページの日付を非表示にする方法
cocoon(コクーン)は、自動的に日付が表示されます。

 

下記画像のピンク枠の日付です。

cocoon 固定ページに日付表示画面

 

記事の日付は、作成日や編集された更新日が表示されて便利ですが、ほとんど更新されないプロフィール、プライバシーポリシー、お問い合わせフォームなどの日付は必要ないと感じます。

 

cocoon 固定ページに日付非表示画面

日付が非表示になると、スッキリしますね。

固定ページの日付を非表示にする方法です。

cocoon 個別に固定ページの日付を非表示にする方法

 

固定ページに「プロフィール」「お問い合わせ」「プライバシーポリシー」がある場合、全ての日付を非表示にするのではなく、「プライバシーポリシー」だけを非表示にするといった、個別に非表示にする方法です。

 

記事IDを調べる

 

日付を非表示にしたいページの記事IDを調べます。

 

WordPressのダッシュボードから「固定ページ」→「固定ページ一覧」を選択します。

記事IDを調べる 固定ページ→固定ページ一覧

 

固定ページ一覧の「ID」をメモします。

記事IDを確認する

 

固定ページの一覧表から、非表示にしたいページの記事IDの数字を確認して、メモしておきます。ピンク枠の中の数字が記事IDです。

 

CSSに追加するコードを作る

 

「post-〇〇」の〇のところに、先程メモした記事IDの数字を入れます。

 

非表示ページが1つの場合

.post-〇〇 .date-tags {
display: none;
}

 

非表示ページが複数の場合

.post-〇〇 .date-tags,
.post-〇〇 .date-tags,
.post-〇〇 .date-tags {
display: none;
}

 

上記の複数例は非常時ページが3つの場合です。

.post-〇〇 .date-tags,」が1ページ分となるので、さらに増やしたい場合は「.post-〇〇 .date-tags,」を追加してください。

 

子テーマのstyle.cssに追加する

 

子テーマのスタイルシートにコードを追加する場合

 

WordPressのダッシュボードから「外観」→「テーマエディター」で、Cocoon Child スタイルシート(style.css)に追加します。

子テーマスタイルシートにコードを追加する

これまでにコードの追加をしている場合は、その後ろに追加します。

 

きゅんこみ
きゅんこみ

/*固定ページの日付非表示*/
こんな感じのコメントアウトをつけておくとわかりやすいです

 

コードを追加したら、「ファイルを更新」を押して保存します。

これで、指定した固定ページの日付が非表示になります。

 

 

【追加CSS】に追加する場合

上記のようにCocoon Child スタイルシートに追加する方法のほかに、簡単にできる【追加CSS】があります。

 

【追加CSS】画面に行くにはいろいろな方法があります。

① WordPressのダッシュボードから「外観」→「カスタマイズ」

追加CSS画面 外観→カスタマイズ

 

②「外観」→「テーマエディター」→「付随のCSSエディター」

追加CSS画面 付随のCSSエディター

 

③ ツールバー(上部の表示)→「管理メニュー」→「カスタマイズ」

追加CSS画面 管理メニュー→カスタマイズ

 

 

①~③のどの方法でも同じ画面になるので「追加CSS」を選択します。

追加CSS画面

 

追加CSSのピンク枠の部分にコードを追加します。

追加CSS画面 ここにコードを追加する

コードを追加したら、「公開」を押します。

これで、指定した固定ページの日付が非表示になります。

 

以上が、cocoon の固定ページの日付を個別に非常にする方法です。

 

cocoon 固定ページの日付を非表示にする方法

個別ではなく、固定ページの全てで日付を非表示にする方法です。

個別のときと同じように子テーマのstyle.cssに下記コードを追加します。

.page .date-tags {
display: none;
}

これで、固定ページの日付が非表示になります。

 

個別に非表示、全てを非表示、どちらもCSSにコードを追加する方法です。

固定ページの日付を消したいと思っている方、お試しください。

Cocoon
スポンサーリンク
フィフきゅん

コメント