山口県立美術館「没後90年記念 岸田劉生展」見どころ・チケットなど

岸田劉生展が、2019年11月2日から山口県立美術館で始まります。

岸田劉生は東京に生まれ、関東大震災後には一時期名古屋に住んでいたこともあり、山口に旅行中亡くなります。
没後90年にあたり、ゆかりの地、東京、山口、名古屋で展覧会が開催されます。

没後90年記念 敷田劉生展 基本情報

展覧会名:没後90年記念 岸田劉生展

開催期間:2019年11月2日(土)~12月8日(日)

開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日:月曜日(ただし、11月4日、12月2日は開館)

会場:山口市亀山町3-1

アクセス:JR山口駅 徒歩15分

山口県立美術館アクセス

 

岸田劉生展 チケット

チケット料金

当日券 前売り・団体
一般 1,300円 1,100円
シニア・学生 1,100円 900円

高校生以下は無料
シニアは70歳以上、団体は20名以上
障がい者手帳を持ってる人と介護者1名は無料。

 

チケット購入方法

ローソンチケット(Lコード:62567)

セブンチケット

各種プレイガイド

 

岸田劉生展 イベント

 

講座「最後の地・徳山における岸田劉生
矢迫愛弓(山口県立美術館  専門学芸員)講師
11月9日(土)14:00~15:00
山口県立美術館講座室
定員80名(当日先着順、無料)

 

学芸員によるギャラリー・トーク(30分程度・申し込み不要)
11月16日、30日(土)10:00~

 

岸田劉生展 見どころ

会期中、作品保護のために一部の展示作品の入れ替えがあります。
前期:11月2日~24日
後期:11月26日~12月22日

重要文化財 麗子微笑

岸田劉生 麗子微笑

油彩、麻布 東京国立博物館蔵

岸田劉生と言えば「麗子像」ですね。麗子シリーズは麗子が5歳から15歳くらいまで数十枚あり、その中でも「麗子微笑」は、重要文化財に指定されています。

全体をギュッと上下につぶしたようにデフォルメしてあり、美術の教科書で見たときにはギョッとしたものです。麗子微笑は7歳のときの肖像ですが、その微笑は実年齢よりも上に見えます。

「麗子微笑」は11月2日~12月8日の期間限定展示ですので、ご注意ください。

重要文化財 道路と土手と塀(切通之写生)

岸田劉生 道路と土手と塀(切通之写生)

油彩、麻布 東京国立近代美術館蔵

空に向かって切り立ったような急坂は歪み、不思議な気分になります。この坂は今現在も代々木にあります。

「道路と土手と塀」と同じ場所を横から見た「代々木付近の赤土の風景」と合わせて見ると、手前の赤土を横切る影が電柱だとわかります。

銀座と数寄屋橋畔

岸田劉生 銀座と数寄屋橋畔

油彩、板 郡山市立美術館蔵

劉生が生まれ育った銀座数寄屋橋界隈。

バーナード・リーチの肖像

岸田劉生 バーナード・リーチの肖像

油彩、麻布 東京国立近代美術館蔵

セザンヌ風に描かれた作品。

画家の妻

岸田劉生 画家の妻

油彩、麻布 大原美術館蔵

劉生の妻の肖像画。

壺の上に林檎が載って在る

岸田劉生 壺の上に林檎が載って在る

油彩、板 東京国立近代美術館蔵

何故、壺の上に林檎を乗せたのか不思議なんだけど、すごく好きです。

村娘之図(前期のみ)

岸田劉生 村娘之図

水彩、紙 下関市立美術館蔵

田舎の少女の素朴さの中にある美しさが際立つ作品。

近藤医学博士之像

岸田劉生 近藤医学博士之像

油彩、麻布 神奈川県立近代美術館蔵

ユーモラスにデフォルメされた肖像画は、モデルとの親しさが伝わります。

 

岸田劉生展 まとめ

没後90年記念の岸田劉生展が、劉生の最後の地 山口県 で開催されます。

山口県立美術館は、東京や大阪の展覧会より混雑しませんので、ゆっくり、じっくりと鑑賞することができます。

展覧会
スポンサーリンク
フィフきゅん

コメント