国立新美術館「ブダペスト展」見どころ・アクセス・チケット

ブダペスト展 国立新美術館

「ブダペスト ― ヨーロッパとハンガリーの美術400年」

日本とハンガリーの外交樹立150周年の節目に、ブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリー、両館のコレクション展が開催されることになりました。

16世紀ルネサンスから20世紀初頭までの約400年の西洋美術の、絵画・彫刻・素描、全130点が来日します。

25年ぶりのコレクション展、見どころ、アクセス、チケット情報などをご紹介します。

「ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年」の基本情報

国立新美術館

基本情報

 

展覧会名:ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年

開催期間:2019年12月4日(水)〜2020年3月16日(月)

開館時間:10:00~18:00(金・土曜日 20:00まで) 入場は閉館30分前まで

休室日 :火曜日(ただし 2月11日開館、2月12日休館)

会場:国立新美術館 企画展示室1E 東京都港区六本木7-22-2

アクセス:東京メトロ「乃木坂」青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
東京メトロ「六本木」徒歩5分、都営地下鉄「六本木」徒歩4分

国立新美術館 アクセスマップ
東京メトロ「乃木坂」からの道順
6番出口から出るとすぐ目に前に国立新美術館があります。

東京メトロ「六本木」からの道順
7番出口から出て東京ミッドタウンを右手に見ながら進み、最初の交差点(東京ミッドタウン西)を左折して、そのまま進むと正面に着きます。

館内各所に無料のロッカーがあり、大きな荷物の1階のインフォメーションで預かってもらえます。

ブダペスト ― ヨーロッパとハンガリーの美術400年
ブダペスト国立西洋美術館&ハンガリー・ナショナル・ギャラリー所蔵の名品130点が一挙来日!

乃木坂駅から国立新美術館のアクセス

東京メトロ 乃木坂駅 から国立新美術館まで直結で行けます。

乃木坂駅6番出口

6番出口へ向かいます(画像の左側に改札)

 

乃木坂駅地下道から国立新美術館への道順

左にエスカレーター、右にエレベーターがあります。

 

乃木坂駅直結国立新美術館

地下から地上へ出ます(エレベーター・エスカレーター・階段のどれを利用しても、同じこの場所に出てきます)

 

国立新美術館 チケット販売所

地上へ出ると左前方に券売所があり、当日券はここで購入できます。

 

国立新美術館 乃木坂駅から直結

通路を進めば、国立新美術館の入り口に到着します。
駅直結なので迷うことなく、雨の日や暑い日などに便利です。

 

六本木駅から国立新美術館のアクセス

東京メトロ 日比谷線/都営地下鉄 大江戸線 六本木駅 からは徒歩5分程です。

六本木駅構内 7番出口看板

7番出口が国立新美術館への出口になります。
東京メトロ日比谷線からは構内をかなり移動するので、案内板を見ながら進んでください。

 

六本木駅7番出口

7番出口にでます。

 

国立新美術館はUターン

エスカレーターを上がった正面に国立新美術館へは逆方向矢印があるので、Uターンして進みます。

 

東京ミッドタウン西交差点

最初の「東京ミッドタウン西」の交差点を左折します。

 

国立新美術館までの道のり

そのまま左折して進んでもOK、ガソリンスタンド方向へ横断歩道を渡って左折して進んでもOKです。

少し歩くと波打つ外観の国立新美術館に到着します。

国立新美術館 外観

六本木駅は駅構内が広いので、違う出口から出てしまうと迷います。
国立新美術館に近い「7番出口」から出ると、迷わずに行けます。

音声ガイド

ナビゲーター:金子三勇士
料金:550円(税込み)

 

チケット情報

チケット料金

当日券 前売り券・団体
一般 1,700円 1,500円
大学生 1,100円 900円
高校生 700円 500円

中学生以下は無料
障がい者手帳を持参の方(付き添いの方1名を含む)は無料
2020年1月11日~13日は高校生無料観覧日(学生証提示が必要)
団体料金の適用は20名以上、国立新美術館のみ販売

 

音声ガイド付き観覧券(セブンチケットのみ販売)

当日券 前売り券・団体
一般 2,200円 2,000円
大学生 1,600円 1,400円
高校生 1,200円 1,000円

入場券と音声ガイドを別々に購入するより、50円安いです。

セブンチケット のみで販売されています。

チケット販売スケジュール

前売り販売 2019年9月12日~12月3日23:59まで
国立新美術館は2019年10月16日~12月2日まで

当日券販売 2019年12月4日~2020年3月16日

 

チケット購入方法

チケットは当日に窓口で購入することができますが、前売り券は当日券より200円安く、当日窓口で並ばなくいいので、おすすめです。

公式サイトでオンライン購入

「ブダペスト展」の公式サイトからオンラインで購入すると「スマホ画面表示」または「自宅でプリントアウト」で入館します。

「スマホ画面表示」は、購入確認メールに記載されているURLをクリックするとQRコードが表示されるので、入場口でかざします。
「自宅でプリントアウト」は、購入確認メールのURLで表示されるQRコードをプリントアウトして持参すればOKです。

支払はクレジットカード決済のみです。

ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年 オンラインチケット|オンラインチケットなら手数料0円。チケットは 自宅で印刷 または スマホ画面表示!ラクラク&おトクです♪
ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年 オンラインチケット|チケットは 自宅で印刷 または スマホ画面表示!ラクラク&おトクです♪

 

インターネット購入

イープラス

チケットぴあ

セブンチケット

ローソンチケット

 

店舗購入

国立新美術館(開館日のみ)

ファミリーマート「famiポート」

チケットぴあ(Pコード:769-952)

セブン-イレブン「マルチコピー機」(セブンコード:078-911)

ローソン・ミニストップ「Loppi」(Lコード:31133

 

見どころ

 

ルカス・クラーナハ(父)「不釣り合いなカップル 老人と若い女」

ルカス・クラーナハ(父)「不釣り合いなカップル 老人と若い女」

クラーナハは、「不釣り合いなカップル」年齢差や身分違いのカップルをたくさん描いており、この作品は「老人と若い女」です。老人がうれしそうに女性の体をまさぐることに夢中で、女性の手が懐(財布)に差し込まれていることに気付いていません。老人と女性の表情の違いにも、関係性が表れています。
本展には「老女と若い男」も公開されます。

油彩、ブナ材 84.5 × 63.6 cm
ブダペスト国立西洋美術館

ティツィアーノ「聖母子と聖パウロ」

ティツィアーノ「聖母子と聖パウロ」

剣と本を持った聖パウロが、聖母マリアと幼いイエスに敬意を表している様子。
気品あふれる聖マリアの表情に、自分が聖パウロになった気分にさせられます。

油彩、カンヴァス 108 × 96.5 cm
ブダペスト国立西洋美術館

エル・グレコ「聖小ヤコブ」

エル・グレコ「聖小ヤコブ」

自画像であると思われていましたが、キリスト十二使徒を描いた連作の習作である考えられています。

油彩、カンヴァス 49.5 × 42.5 cm
ブダペスト国立西洋美術館

オーギュスト・ルノワール「少女の胸像」

オーギュスト・ルノワール「少女の胸像」

斜めに向いた少女のどこか寂しそうな静かな表情が印象的です。

油彩、カンヴァス 56.5 × 47 cm
ブダペスト国立西洋美術館

クロード・モネ「トゥルーヴィルの防波堤、干潟」

クロード・モネ「ツゥルーヴィルの防波堤、干潟」

ハネムーンで訪れたノルマンディーのトゥールヴィルを描いた作品。
空と海の境がぼんやりとしているので、どんよりとした重い印象です。

油彩、カンヴァス 54 × 65.7 cm
ブダペスト国立西洋美術館

ムンカーチ・ミハーイ「フランツ・リストの肖像」

ムンカーチ・ミハーイ「フランツ・リストの肖像」

貴族階級の女性と結婚したことで、華やかな世界とつながりができたムンカーチ。政治家や芸術家などを自宅に招いてパーティーをしていました。その中に作曲家でありピアニストでもあるフランツ・リストがいたのです。「ラ・カンパネラ」のリストです。写真でみるイメージそのままが表れた自画像です。

油彩、カンヴァス 130.5 × 99.5 cm
ブダペスト、ハンガリー・ナショナル・ギャラリー

マルコー・カーロイ(父)「漁師たち」

マルコー・カーロイ(父)「漁師たち」

ウィーンで学びローマに移り住み、理想的なのどかな自然の風景を描きました。

油彩、カンヴァス 110 × 164.5 cm
ブダペスト、ハンガリー・ナショナル・ギャラリー

シニェイ・メルシェ・パール「紫のドレスの婦人」

シニェイ・メルシェ・パール「紫のドレスの婦人」

画家になったが売れなかったため、諦めて帰郷し議員になったりしましたが、以前の作品が認められて、画家の活動を再開したという経歴をもっています。
この作品は結婚したばかりの妻をモデルにしたもの。貴族の裕福さが表れた紫色のドレスが印象的です。美人ですね。

油彩、カンヴァス 103 × 76.6 cm
ブダペスト、ハンガリー・ナショナル・ギャラリー

チョントヴァーリ・コストカ・ティヴァダル「アテネの新月の夜、馬車での散策」

チョントヴァーリ・コストカ・ティヴァダル「アテネの新月の夜、馬車での散策」

アテネの街角の様子が描かれています。人や馬は影のような切り絵のような感じで、女性二人だけ色付きで描かれ、幻想的です。

油彩、カンヴァス 92 × 72 cm
ブダペスト、ハンガリー・ナショナル・ギャラリー

ヴァサリ・ヤーノシュ「黄金時代」

ヴァサリ・ヤーノシュ「黄金時代」

額の装飾がより一層作品を際立たせている作品。
寄り添っているカップルが、愛の女神であるヴィーナス像にバラなどのお供えをしているところです。供物から煙が立ち上っているので、燃やしているのでしょう。

油彩、カンヴァス 92.5 × 156 cm
ブダペスト、ハンガリー・ナショナル・ギャラリー

リップル=ローナイ・ヨージェフ「赤ワインを飲む私の父とピアチェク伯父さん」

リップル=ローナイ・ヨージェフ「赤ワインを飲む私の父とピアチェク伯父さん」

父親と伯父さんを描いた作品は、輪郭がクッキリと線引きされており、コントラストがハッキリしています。

油彩、カンヴァス 68 × 100 cm
ブダペスト、ハンガリー・ナショナル・ギャラリー

 

「ブダペスト ― ヨーロッパとハンガリーの美術400年」まとめ

25年ぶりのコレクション展となる「ブダペスト展」

あまり見ることできない作品ばかり130点あまりが来日します。
滅多にない機会なので、是非ハンガリーにふれてみてください。

展覧会
スポンサーリンク
フィフきゅん

コメント