ロリポップで無料独自SSLを設定する方法 画像付き

SSL化 http→https

 

SSL(ecure Sokets Laye)とは、インターネット上の情報を送受信を暗号化するものです。

インタネット上のデータ通信は、第三者によって覗かれたり、改ざんされる危険があるので、SSL化すると、サイトのセキュリティ強化になり、信頼性があがり、ユーザーに安心感を与えることができます。

SSL化されたサイトはURLがhttpsになっています。

 

ロリポップ SSL化する方法 画像解説

ロリポップ!レンタルサーバーにアクセス

 

ロリポップ!

 

ロリポップ ユーザー専用ページにログイン

ロリポップ ユーザー専用ページ ログイン

 

ロリポップTOP画面の右上にある「ログイン」のマウスポインタを合わせるとポップがでるので、「ユーザー専用ページ」をクリックしてください。

 

ユーザー専用ページ ログイン画面

 

ロリポップ ユーザー専用ページ ログイン

 

ロリポップ!のドメインでログインします。

 

・登録したアカウント名入力
・ロリポップドメインはプルダウンメニューから選択
・パスワード入力

 

ログイン」をクリックして、ユーザー専用ページに入ります。

ユーザー専用ページ

 

ロリポップ セキュリティ 独自SSL証明書導入

 

セキュリティ」にマウスポイントを合わせるとポップがでるので「独自SSL証明書導入」をクリックします。

 

ロリポップ 独自SSL

 

この部分でSSL化の設定をしていきます。

 

独自SSL(無料)設定

独自SSL設定

 

ロリポップ ロリポップ 独自SSL設定

 

SSL化するドメイン(2ヶ所)にチェックマークを入れて、「独自SSL(無料)を設定する」をクリックします。

 

× SSL保護無効」になっている場合には、SSL化することができます

SSLを設定できません」になっている場合には、対象のドメインのDNS情報がロリポップになっているか?ドメイン契約が無効になっていないか?の確認してください。

 

「SSL設定作業中」

 

ロリポップ SSL設定作業中

 

設定作に数分かかるので、しばらく待ちましょう。

 

独自SSL設定完了確認

 

独自SSLの設定が完了すると「×SSL保護無効」→「SSL保護有効」になります。

 

ロリポップ SSL保護有効

 

SSLで保護されているドメイン】タブで切り替えして「SSL保護有効」になっていればOK。

これまでの「http://~」に(s)を付けたURL「https://~」でアクセスしてサイトが表示されれば設定完了です。

 

httpsにリダイレクトする設定方法

 

http」「https」のどちらでもアクセスできる状態なので、http://~でアクセスしたら、https://~にリダイレクトするようにします。統一することによりSEO対策にもなります。

まず、ロリポップの「ユーザー専用ページ」にログインします。

 

ロリポップ サーバーの管理・設定 FTP

 

サーバーの管理・設定」→「ロリポップ!HTP

 

ロリポップ FTPで設定

 

ロリポップ FTP

 

独自ドメインの設定時に決めたファルダをクリックして開き、その中の「.htaccess」をクリックします。

「.htaccess」のファイルの「# BEGIN WordPress」の上に下記コードを追加します。

 

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

ロリポップ .htaccess 追加

 

追加して「保存する」をクリックします。
http://~からhttps://~に飛ぶようになっているか、確認できたら完了です。

 

WordPress(ワードプレス)側 SSL化(HTTPS)の変更方法

 

ワードプレスにログインして「設定」→「一般」をクリックします。

ワードプレス 設定変更

 

・Wordpressアドレス(URL)
・サイトアドレス(URL)

 

「http://~」に(s)を付けて「https://~」に変更して保存します。

 

ワードプレス httpとhttpsに変更

 

これで、ワードプレスの設定は完了です。